オルニチンのアンチエイジング効果

いつまでも若々しくいたいと願う方にとって、アンチエイジングは常識的な身体のケア方法のひとつとして認識されています。そのため、様々な方法を取り入れている方も少なくないでしょう。オルニチンは疲労回復効果で知られていますが、近年ではアンチエイジング効果にも注目されています。

そこで今回は、オルニチンのアンチエイジング効果について、ご紹介していきます。

オルニチンとアンチエイジングの関係とは

私たちの身体は、古い細胞から新しい細胞へと常に作り替えられているのですが、年齢とともに徐々に衰えが目立ちはじめてきます。アンチエイジングとは、この衰えていく時間を遅らせることが目的です。

身体の衰えは、細胞を活性化させるエネルギーが不足することで起こります。エネルギーは肝臓で作られているのですが、体内に老廃物が溜まると肝機能が弱まり、エネルギーが作られなくなってしまうのです。

オルニチンは肝臓に作用して、エネルギーの生成を促す働きがあります。さらに、細胞の活性化に必要な成長ホルモンの分泌を促して、アンチエイジング効果を高めてくれるのです。

アンチエイジングによって得られる効果

アンチエイジングを直訳すると、「老化への抵抗」です。老化は肌だけではなく、全身で進んでいきます。つまり、全身の老化に抵抗して、健康で若々しい身体を保つことが、本来のアンチエイジングの意味なのです。

主な効果には、美肌効果や筋力増強、骨の強化、内臓機能の向上などがあり、加齢によって衰える全ての部分に対して、若々しい状態の維持が期待できます。

オルニチンの肝機能向上効果がアンチエイジングを促進

肝臓には尿素回路と呼ばれる、アンモニアを分解する機能が備わっています。アンモニアは有害物質のため、本来は肝臓で無毒化されているのですが、疲労やストレスが続くと分解する働きが弱まってしまいます。その結果、アンモニアが肝臓に蓄積して、全身の細胞を衰えさせてしまうのです。

オルニチンは血液の中を巡って肝臓まで辿り着くと、尿素回路に取り込まれ、アンモニアを分解して無害な尿素へと変換されます。この働きによって肝臓のアンモニアを取り除き、全身の細胞の活性化を促します。

また、肝臓にはエネルギーの生成を促す働きもあるのですが、アンモニアによってその働きが阻害されてしまいます。オルニチンによってアンモニアが取り除かれることで、肝機能を向上させ、効率よくエネルギーを作ることが可能になります。つまり、オルニチンが肝機能を向上させることで、より細胞のを活性化させることができるのです。

成長ホルモンの分泌を促す

オルニチンはアンモニアを分解する過程で、アミノ酸の一種であるアルギニンへと変化します。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり、細胞の原料となるたんぱく質の合成を効率よく進めてくれます。また、成長ホルモンはコラーゲンやヒアルロン酸など、肌に必要な成分の生成力も高めてくれるため、外側のアンチエイジングにも効果的です。

アルギニン自体にも、血管を広げて血液の巡りをよくする働きや、血管が厚くなるのを防ぐ働きがあります。血管にしなやかさを与えることができるため、動脈硬化を予防できるという点から、全身のアンチエイジングにも期待ができます。

オルニチンは様々な成分と深く関わり合うことで、多くのアンチエイジング効果を生み出してくれるのです。

オルニチンで効率よくアンチエイジング効果を得るには

オルニチンは体内でも合成できる成分ですが、加齢とともに減少してしまいます。また、アルコールの分解にも利用されるため、普段からお酒を飲む方はオルニチン量が不足する場合があります。疲れがとれにくいなど肝機能低下のサインを感じたら、積極的なオルニチンの補給が大切です。

また、就寝前に摂取すれば、睡眠時の成長ホルモンの分泌を効率よく促してくれます。オルニチンを普段から上手に取り入れ、効率よくアンチエイジング効果を実感していきましょう。