オルニチンで美肌になろう

オルニチンといえば疲労回復効果が注目されているため、主に男性が利用するサプリメントと思われている方がいるようです。確かに以前は男性向けの効果ばかりが明らかになっていましたが、現在では美肌効果もあることがわかり、女性にも嬉しい成分として人気が高まっています。

そこで今回は、女性にも是非注目してもらいたい、オルニチンの美肌効果についてご紹介していきます。

オルニチンにはなぜ美容効果があるの?

肌はターンオーバーによって古い細胞が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わることで、ハリや潤いを保っています。この状態を維持するには、新陳代謝が活発でなければいけません。この新陳代謝を促すために必要なのが、成長ホルモンです。

ターンオーバーの周期は加齢によって衰えていきますが、成長ホルモンの分泌量が多ければ、肌の修復期間は早められます。オルニチンは成長ホルモンの分泌に働きかけるため、美肌効果を促すことができるのです。

成長ホルモンと美肌の関係

私たちの体内では100種類以上のホルモンが分泌され、全身の機能を維持しています。その中の一つである成長ホルモンは、全身の組織を再生する役割を持つホルモンです。そのため、骨や筋肉、内臓など全身の再生を促しますが、肌は特に新陳代謝が活発に行われています。成長ホルモンはたんぱく質の合成を促すため、肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸がより早く生成されていきます。また、余分に摂取した糖質が身体の老化を早める糖化現象を防ぐ働きもあり、美肌を作るために欠かせないホルモンなのです。

オルニチンの美容効果は肝機能向上作用に秘密がある

オルニチンは、肝臓に蓄積したアンモニアを解毒する作用に優れた成分です。アンモニアには毒性があり、体内に蓄積すると肝機能を低下させてしまいます。肝臓と美肌は無関係のように思えますが、肝機能が低下すると肌に栄養が行き渡らなくなり、肌トラブルを招いてしまいます。つまり、体内でのオルニチン量が増加すると、美肌を作り出すことができるのです。

肝臓でエネルギーを生成して美肌促進

私たちが肌の健康を保つことができるのは、肝臓が正常に機能しているおかげです。肝臓ではオルニチンが中心的な役割を果たし、オルニチンサイクルと呼ばれる機能によって有害なアンモニアを分解しています。この機能が正常に働くことで、エネルギーを生み出し、健康的な肌を作り出しています。

ところが、有害なアンモニアによって肝臓が疲労してしまうと、オルニチンサイクルが正常に機能できなくなり、エネルギー不足に陥ってしまいます。エネルギーが作られなければ、肌への栄養も滞ってしまい、シミやシワ、たるみといった肌トラブルがあらわれてきます。

また、成長ホルモンは脳にある下垂体という器官から分泌されているのですが、肝臓で作られるIGF-Iという仲介物質がなければ、うまく機能できなくなってしまいます。つまり、肝臓が健康でなければ成長ホルモンの作用が弱まってしまい、美肌効果を得られなくなってしまうのです。

サプリメントメーカー美肌効果を調べるため、45~65歳の男女にオルニチンを服用してもらいました。その結果、75%の方がシワの改善効果を実感できたとする実験結果も報告されています。

この実験では、3週間毎日オルニチンを服用してもらいました。肝機能は様々な影響で衰えてしまいますが、継続して摂取することで肝機能が高まり、美肌効果が生み出されたと考えられます。

オルニチンは加齢による肌の衰え対策にも有効

オルニチンは体内で作られる成分ですが、加齢とともに合成量が低下していきます。それに伴い、美肌に必要な成長ホルモンの分泌量も減少してしまいます。肌の美しさは何歳からでも取り戻し、維持することが可能です。オルニチンのサプリメントを継続的に取り入れ、いつまでも若々しく美しい肌を保っていきましょう。