オルニチンのデトックス効果

老廃物が蓄積されていると、疲れやすい、やる気が起きない、肌が荒れるなど、全身の不調へと繋がってしまいます。デトックスとは、体内に溜まった老廃物を排出することをいい、様々な方法があります。ただ、効率よく老廃物を出すには、肝臓でのデトックスが欠かせません。

疲労回復効果で知られるオルニチンは、肝臓に作用することで、高いデトックス効果を生み出す成分としても注目されています。そこで今回は、オルニチンのデトックス効果について、ご紹介していきます。

オルニチンとデトックスの関係とは

全身の細胞は常に新陳代謝が行われ、新しい細胞へと生まれ変わっています。同時に、不要となった細胞も古い皮膚や垢となって剥がれ落ちています。これらの老廃物は二酸化炭素やアンモニアなど、有害物質が成分となっているため、蓄積すると身体にダメージを与えてしまいます。

特にアンモニアは、体内に蓄積すると肝機能を弱らせ、全身の不調の原因になってしまいます。

通常アンモニアは、肝臓で無害な尿素へ変換され、最終的に尿として排泄されていきます。ところが、過度なストレスやアルコールの摂取、生活習慣の乱れが続くと、肝機能が低下してしまい、スムーズに老廃物の排出が行えなくなってしまうのです。

オルニチンには老廃物を排出する働きがあり、特にアンモニアの除去に優れた効果を発揮できるため、デトックス効果の促進に高い期待ができます。

デトックスされると?

アンモニアは人体にとって有害な物質です。そのため、体内から効率よく排出されると、肝臓の働きが活発になり、美肌や疲労回復、二日酔い防止など様々な効能に期待できるようになります。

他にも、カフェインやニコチン、糖質などに対する依存を抑える効果にも期待できます。

オルニチンは効率よくデトックス効果を促進させる

近年は様々なデトックス方法が知られるようになり、簡単に行える方法もみかけるようになりました。

一例を挙げると、
・運動や入浴で汗とともに老廃物を流す
・リンパの流れをよくして、老廃物の排出を促すリンパマッサージ
・食事量を減らしたり、完全に食事を断つ断食

などがあります。

ただ、これらは方法を間違えると逆効果になる場合も考えられます。特に断食は栄養バランスを崩す恐れがあるため、医師の指導のもとに行うのが安全です。

デトックスは肝臓が元気に機能してこそ、正しい方法といえるでしょう。オルニチンは肝臓に直接働きかけるため、効率よくデトックスを促すことができます。

肝機能向上効果でデトックスを促進

肝臓でアンモニアを分解する働きは、尿素回路と呼ばれる機能によって行われています。オルニチンは、この回路の中でアンモニアと反応し、無害な尿素への分解を促す中心的役割を持つ成分です。そのため、尿素回路はオルニチンサイクルとも呼ばれています。

アンモニアには、エネルギーの生成を阻害する働きがあることが明らかになっています。肝臓は人体の臓器で最も大きく、最大のエネルギー生成器官です。オルニチンによってアンモニアが取り除かれると、エネルギーをより多く作ることができ、肝機能を向上させることができます。

肝臓ではアルコールや脂肪の代謝も行われています。オルニチンによって肝機能が向上することで、お酒や脂肪の分解も促進され、デトックス効果をより実感できるようになるのです。

オルニチンのデトックス効果はどんな人におすすめ?

アンモニアは疲労を感じると、どんどん身体に蓄積されていきます。オルニチンが持つアンモニアを分解する働きは、肝機能向上の要ともいえる重要な作用なので、普段なかなか疲れがとれにくいと感じている人にお勧めです。

他にも、ストレスをためやすい方や太りやすくなった方、お酒をよく飲む方などは、知らず知らずのうちにアンモニアが溜まっている可能性があります。オルニチンを取り入れて、自然とデトックスが促される体質に変えていきましょう。