オルニチンのダイエット効果とは

ダイエットに挑戦してみたものの、思ったように成果が上がらない方もいるのではないでしょうか?ダイエットはやみくもに食事制限や運動を続けるのではなく、必要な栄養素を摂って!痩せやすい身体へ整えることが重要です。

疲労回復効果で知られるオルニチンですが。ダイエットにも有効な成分としても注目を集めています。そこで今回は、オルニチンのダイエット効果について、ご紹介していきます。

オルニチンとダイエットの関係

ダイエットを成功させるには、消費カロリーを増やさなければいけません。消費カロリーの約6割は、脳や心臓の活動、呼吸などに必要な基礎代謝エネルギーによって消費されています。つまり、無意識のうちにカロリーを消費できる、基礎代謝を増やすことが重要です。

基礎代謝エネルギーは全身で作られていますが、肝臓と筋肉がそれぞれ2割ずつ、合わせて4割のエネルギーを作り出しています。ただ、女性は男性に比べ、筋肉量が少なく脂肪が多いため、基礎代謝があまり高くありません。そのため、ダイエットが成功しにくくなってしまうのです。

オルニチンは全身に栄養素を送る肝臓の機能を高め、効率よく筋肉量を増やす働きがあります。様々な方向から基礎代謝の向上に働きかける、オルニチンのダイエット効果を詳しくみていきましょう。

肝機能を高めて基礎代謝を向上

基礎代謝が低下する原因は、エネルギー生産量の低下です。食事から摂ったたんぱく質などの栄養素は、肝臓でエネルギー源へと作り替えられています。ところが、疲労やストレスの多い状態が続くと、体内には有害なアンモニアが発生し、肝臓に蓄積することでエネルギーの生産量を低下させてしまいます。その結果、基礎代謝も低下してしまうのです。

肝臓には尿素回路と呼ばれる、アンモニアを分解する機能が備わっているのですが、肝機能が落ちているとアンモニアの分解が進まなくなってしまいます。オルニチンには尿素回路でアンモニアと結びつき、無害な尿素へと変換する働きがあります、この働きによって、肝臓からアンモニアの排出を促し、肝機能を高めることで基礎代謝を向上させてくれるのです。

成長ホルモンを分泌して筋肉量を増加

成長ホルモンには筋肉量を増やす働きがあるのですが、そのためにはアミノ酸の力が必要です。

オルニチンはアミノ酸の一種なのですが、たんぱく質の原料としては利用されません。単独で作用する遊離アミノ酸として全身に存在し、肝臓でアンモニアを分解する過程でアミノ酸のアルギニンへと変化する時、成長ホルモンの分泌を促進させています。そのため、オルニチンが体内に存在していれば、成長ホルモンの分泌が促されるため、筋肉量を増やすことができるのです。

オルニチンで効率よくダイエットするには

筋肉は、運動で傷ついた細胞が修復される時に成長します。修復にはアミノ酸が必要になるため、運動のタイミングに合わせてオルニチンを摂取するのが効率的です。オルニチンは摂取後30分ほどで吸収されていくため、短時間の運動なら運動前、30分以上継続するなら運動後に摂取しましょう。

また、摂取のタイミングは成長ホルモンの分泌にも影響します。以前までは、成長ホルモンは22時~2時に分泌されるとされていました。現在では入眠してから3時間以内に最も多く分泌されることが明らかになっています。そのため、就寝前にオルニチンを摂取しておけば、細胞の修復が進み、より成長ホルモンの分泌を促す効果にも期待できます。

オルニチンは疲労した状態が続くと、消費量が多くなります。ダイエット中は運動が必要なため、疲労した状態が続く期間です。オルニチンを不足させないように継続的に摂取して、健康的にダイエットを成功させましょう。