オルニチンで体内から加齢臭を軽減しよう

加齢臭はといえば、おじさんのイメージがありますが、意外と若い頃から発生する場合もあります。また、女性でも加齢臭が出てしまうため、男女ともにしっかりとした対策が必要です。

消臭スプレーなど、加齢臭対策グッズは多くありますが、オルニチンは体内から原因を取り除き、効率よく加齢臭を軽減してくれます。そこで今回は、オルニチンの加齢臭軽減効果について、ご紹介していきます。

オルニチンはなぜ加齢臭を軽減できるのか?

加齢臭は、脂肪酸の一種であるパルミトレイン酸と、過酸化脂質が皮脂腺で反応し、分泌される「ノネナール」と呼ばれる物質が原因となって、臭いを発生させます。

ノネナールの発生原因の一つ、過酸化脂質は、体内に蓄積された脂肪が酸化した物質です。脂肪がうまく代謝されていれば過酸化脂質は減少していきますが、肝機能が低下すると脂肪の代謝がうまく行えなくなり、結果的にノネナールを増やしてしまいます。

肝機能の低下は、疲労やストレスの蓄積によって増えるアンモニアによって引き起こされます。つまり、アンモニアを取り除くことができれば、加齢臭を軽減させることができるのです。オルニチンは肝臓に発生するアンモニアを取り除く作用があり、加齢臭を効率よく軽減させることができます。

肝機能を向上して加齢臭を軽減

肝臓には解毒作用があり、尿素回路と呼ばれる機能で有害物質のアンモニアを分解しています。ところが、回路を動かす成分がなければ、正常に機能できません。

オルニチンはこの尿素回路で中心的な役割を果たし、アンモニアを効率よく分解しています。この働きによって肝機能を向上させ、脂肪の燃焼効率を高めることで、加齢臭の軽減効果を生み出してくれます。

オルニチンはミドル脂臭対策にも有効

一般的に加齢臭は、40代後半~50代頃から本格的に発生します。以前は30~40代前半から加齢臭が発生すると考えられていましたが、現在ではこの年代で発生する臭いは「ミドル脂臭」だということが明らかになっています。

枯れ草のような臭いの加齢臭とは違い、ミドル脂臭は「古い油」のような臭いを発するのが特徴です。原因も異なり、汗に含まれる乳酸が皮膚の常在菌に分解されて発生する、ジアセチルという成分によって臭いが発せられています。

オルニチンは、ジアセチルそのものを分解することはできません。ただ、乳酸は疲労時に分泌され、筋肉に蓄積される物質です。オルニチンは肝臓の疲れを取り、乳酸の発生を減らすことで、ミドル脂臭を軽減する効果が期待できます。

30~40代で加齢臭が出る場合もある

30~40代で発生するのはミドル脂臭と前述しましたが、実はこの年代から「加齢臭」が出てしまう可能性もあります。

加齢臭は、脂肪の酸化が主な原因です。体内に脂肪が多くなると、血液を通して皮膚まで送られ、酸化することで過酸化脂質へと変化します。そのため、食生活の乱れや運動不足が続くと、脂肪が蓄積され、30~40代でも加齢臭を発生してしまう場合があります。つまり、比較的若い年代から加齢臭が出ていたら、生活習慣病を疑う必要があるのです。これらは女性が加齢臭を出す原因にもなるため、注意しなければいけません。

オルニチンには脂肪を減らす働きがあるため、生活習慣病の予防にも効果があります。とはいえ、ミドル脂臭から加齢臭への変化に注意して、脂肪を増やさないことが大切です。

加齢臭対策にオルニチンを効率よく使用するには

加齢臭は年齢とともに、肝臓が衰えることで発生しやすくなります。オルニチンは加齢によって体内から減少する他、疲労や過剰な飲酒によっても減少してしまう成分です。そのため、普段からオルニチンを取り入れておくことで、加齢臭の予防効果が高まります。

オルニチンは続けて摂ることで体内量を維持し、肝機能を強化します。継続的に取り入れて、効率よく加齢臭を減らしていきましょう。