オルニチンが精力を増強させる秘密とは?

男性を悩ませる深刻な悩み、それは精力の低下です。年齢を重ねるにつれ、徐々に衰えを感じる男性は少なくないでしょう。その一方で、同年代でも若々しい男性は存在します。この違いは肝臓に秘密があり、肝機能が高い男性ほど精力も高い傾向にあるのです。

男性に疲労回復効果でお馴染みのオルニチンは、精力増強にも効果を発揮してくれます。そこで今回は、オルニチンの精力増強効果について、ご紹介していきます。

オルニチンと精力増強の関係

精力が低下する原因の一つに、血流の悪化が挙げられます。精力を維持するには、男性器に血液が充分行き届いている必要があります。ところが、身体に疲労やストレスが蓄積されると、血液の流れが悪くなり、精力の減退を招いてしまうのです。

なぜ疲労やストレスが血流悪化に繋がるのかといえば、疲労やストレスによって発生するアンモニアが影響しています。アンモニアは疲労物質といわれ、肝臓に蓄積して肝機能自体を衰えさせてしまいます。肝臓は全身に栄養を血流に乗せて運んでいますが、肝機能が低下すると全身の血流が悪化し、その結果、精力低下を招いてしまうのです。

精力を高めるには、大元の原因となるアンモニアを取り除く必要があります。肝機能向上作用で知られるオルニチンは、アンモニアを効率よく取り除くことで、精力向上にも効果を発揮してくれます。

アンモニアを分解して肝機能を活性化

オルニチンは、肝臓に存在するオルニチンサイクルと呼ばれる機能で作用し、有害なアンモニアを分解する働きを持っています。オルニチンはこのサイクルの中で様々な成分に変化していきますが、アンモニアと反応できるのはオルニチンだけです。

このアンモニアを分解する働きによって、肝機能を向上させ、精力増強を促します。

血流を改善して精力増強

オルニチンはアンモニアを分解する過程で、アミノ酸の一つであるアルギニンへと変化します。アルギニンには血管を拡張させ、血流量を増やす働きがあるため、精力増強に欠かせない血流アップを促進させます。

男性ホルモンを増やして精力増強

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させ、筋力を増やして男性らしい身体つきへと変えてくれます。筋力が増えると、精力増強に関わる男性ホルモンの量が増加します。男性ホルモンの95%は精巣で作られているため、オルニチンの摂取によって男性ホルモンの量を増やし、精力増強効果をより高めてくれるのです。

オルニチンと精力剤との違いとは?

精力増強というと、アルギニンを思い浮かべる方もいると思います。前述したように、アルギニンには血流を改善させる効果があるのですが、これは「一酸化窒素サイクル」と呼ばれる機能に取り込まれてから発揮できる効果です。アルギニンはオルニチンサイクルにも利用されるため、実は消費されやすいという難点があります。

オルニチンはアンモニアを分解する過程でアルギニンへと変わり、アルギニンは再びオルニチンへと戻ります。二つの成分はお互いに補い合う性質があるため、アルギニンを精力増強に用いるのなら、相乗効果を生むオルニチンとの同時摂取がより効果的です。

オルニチンを継続的に摂取して精力増強効果を持続させよう

オルニチンは体内でも合成できる成分ですが、加齢とともに減少していきます。また、アルコールの分解にも利用されるため、飲酒習慣のある方は大量に消費しやすい成分です。そのため、不足するオルニチンを継続的に補い、精力みなぎる若々しい身体を維持していきましょう。