しじみ&オルニチン情報室

オルニチン摂取で持久力アップ

オルニチンからは運動パフォーマンスを高め、持久力を上げる効果も得られます。それは、オルニチンが運動時に発生するアンモニアの増加を抑え、疲れを感じにくくしてくれるからです。
運動において能力を充分に発揮するためにもオルニチンの効果を知り、積極的に取り入れるようにしましょう。

持久力アップの仕組み

オルニチンにはなぜ持久力の向上に効果があるのでしょうか。
それは肝臓の代謝経路(細胞内部で連鎖して起こる一連の化学反応)である「オルニチンサイクル」が関係しています。

私たちの身体の中では、たんぱく質の分解によってアンモニアが作られています。アンモニアは有害物質であり、身体にたまっていくことで疲労の原因になります。
長時間運動をしていると疲れを感じるようになるのも、筋肉の消耗によってたんぱく質の分解が生じ、体内のアンモニアが増加するからです。

オルニチンサイクルはアンモニアを分解し、体内への蓄積を防ぎます。この働きによって私たちの健康は守られているのです。

オルニチンはオルニチンサイクルを活発にし、アンモニアがたまりにくい身体作りに貢献してくれます。疲労の原因物質が増えにくくなることで、運動しても疲れにくくなり、結果的に持久力も上がるという仕組みですね。

オルニチン研究会の検証実験によれば、オルニチンを摂取することで運動時の血中アンモニア上昇が抑えられ、運動パフォーマンスも向上するという結果が得られています。

運動をする前にはオルニチンを摂り、パフォーマンスの高い状態で挑むとより効率的です。

運動後にもオルニチン

ここまで運動前のオルニチン摂取の有用性について触れてきましたが、運動後にオルニチンを摂取することも有効です。
オルニチンは疲労回復の効果があるため、運動によって疲れた身体の回復を促します。また、たんぱく質のもとになるアミノ酸の一種でもあるため、筋肉の修復の役割も担ってくれるのです。

運動の前後、どちらも欠かさずオルニチンを摂ることで得られる効果はさらに高まります。

まとめ

オルニチンは、オルニチンサイクルを活発にする働きにより体内のアンモニア増加を抑え、運動における持久力アップやパフォーマンス向上に効果があります。
運動前後の摂取、また他のアミノ酸もあわせて摂ることにより運動で得られる効果を高めることが可能ですので、ぜひ取り入れていきましょう。

(参考URL)
http://www.iosconsortium.org/use.html
http://www.peaceriverregional.com/turnover.html