GMP認定を受けたオルニチンとは?

サプリメントを選ぶ時、様々な製品があって迷ってしまうことも少なくありません。そんな時は、選ぶ基準の一つとして「GMP認定」製品を選択肢に入れてみましょう。GMPは製品の品質を表す規格として定められ、取得しているサプリメントが様々登場しています。

オルニチンサプリメントにもGMP認定製品があるので、選ぶ際の一つの目安になるはずです。そこで今回は、GMP認定を受けたオルニチンサプリメントについて、ご紹介していきます。

GMPとは

GMPとは、製品の品質や安全性を一定に保つ目的で定められた品質基準です。サプリメントは製造の過程で、原材料の成分にバラつきが出たり、工場内や立地環境によっては汚染物質が混入する可能性がゼロではありません。これらの問題を未然に防ぎ、より安全な品質の製品を安定して製造するための基準として設けられています。

審査は、厚生労働省が定めた第三者機関によって行われ、原材料の受け渡しから、製造、出荷までの全ての過程が審査の対象です。製品ではなく、製造工場ごとに認定を受けます。認定されなければ、同じ工場で製造された製品全てがGMPを謳うことができなくなるため、非常に厳しい基準だといえます。

GMP認定されたオルニチン

GMPに認定される期間は、最長で3年間です。この期間中は毎年1回実地調査が行われ、製造工程の変更などによってGMPの基準から逸脱したと判断されると、認定を取り消されてしまいます。つまり、GMP認定製品であり続けるには、日々の努力が欠かせないのです。

品質や安全性への考え方は、時代とともに変化していき、それに従ってGMPの基準も変化していきます。そのため、GMP認定を受けたオルニチンは、現状で最も最適な環境、最高の品質だといえるのです。

GMP認定を受けたオルニチンには、パッケージに「日健栄協GMP認定工場製品」か「JIHFS」のラベルが貼られ、一目で他の製品と区別することができます。

なぜオルニチンにGMP認定製品があるの?

オルニチンはアミノ酸の一種に分類され、体内では遊離アミノ酸として全身に存在しています。そのため健康な身体の維持に必要な成分であり、食品やサプリメントから摂取した場合でも安全です。

ただ、製造過程で人為的なミスが起こり、それによって品質に影響を与えてしまう場合も考えられます。たとえば、原材料をよく混ぜ合わせていないために、粉末に粒状のものが混入する、機会がしっかりと洗浄されておらず、他の成分が混ざってしまうなどです。これらはたとえ微量であっても、長期的な目でみると、効果の実感に違いが出る可能性も否定できません。

ほとんどのオルニチンサプリメントは、製造段階でこれらの人為的ミスが起こらないよう、細心の注意が払われています。それを上回る徹底した管理体制の元、誰が摂取しても同じ品質を維持できるように、オルニチンサプリメントもGMPを取得しているのです。

オルニチンはGMP認定製品を選んだほうがいい?

GMPに認定されていないオルニチンは、決して品質や安全面で劣っているというものではありません。GMP認定製品と同じように、厳しい管理体制の元で製造されています。

GMP認定製品は、品質や安全性が第三者機関によって認められている分、誰もが安心して摂取できるというメリットがあります。特にアレルギーを持っている方は、選ぶ際の一つの基準になるはずです。効能や安全性など、オルニチンを選ぶ基準は人それぞれ異なると思います。GMP認定製品を一つの選択肢に入れ、自分に合ったオルニチンをみつけていきましょう。