オルニチンで成長ホルモンの分泌を増やそう

美容や健康維持のため、成長ホルモンの働きに期待している女性も多いのではないでしょうか?成長ホルモンは体内で作られ、年齢を問わず必要になるホルモンですが、分泌量を促すにはオルニチンの働きが欠かせません。

オルニチンといえば疲労回復効果で知られる成分ですが、成長ホルモンとどんな関わりがあるのか、ご紹介していきます。

オルニチンと成長ホルモンの関係とは

オルニチンは肝機能の向上の他、アンモニアの分解を促進させる働きを持つ成分です。アンモニアを分解する過程でいくつかの成分に変化していき、この過程の中で成長ホルモンを分泌します。

成長ホルモンの分泌を促したオルニチンは、再びアンモニアを分解できる形に戻り、同じサイクルを繰り返します。つまり、成長ホルモンを安定して分泌させるには、オルニチンの働きが欠かせないのです。

そもそも成長ホルモンとは

成長ホルモンは子供の成長期に最も多く分泌され、以降の時期になるとその量は徐々に減少します。とはいえ、大人にとってもエネルギーを作るという大切な役割があり、ダメージを受けた細胞の修復を促すために必要です。

成長ホルモンが活発に分泌されると、以下の効果が期待できます。
・疲労の回復
・脂肪の減少
・骨の強化
・美肌効果

主に睡眠中に分泌され、全身の細胞修復に働きかけます。精神の安定にも関わっているため、分泌量が少なくなると肉体的な疲労感の他、イライラや不安感、不眠などの症状も招いてしまいます。

反対に分泌量が多ければ、年齢に関わらず、健康で元気な身体の維持に役立つホルモンです。

オルニチンが成長ホルモンの働きを助ける

成長ホルモンは脳にある下垂体と呼ばれる器官から分泌され、肝臓をはじめ、全身で行われている代謝を促進させています。ところが、成長ホルモンが体内で正常に機能するためには、仲介役となる物質であるIGF-Iの働きが必要です。

このIGF-Iは肝臓で作られているのですが、肝機能が低下していると、その量は減少してしまいます。オルニチンは体内に蓄積したアンモニアを分解して、肝機能を向上させる働きがあります。つまり、オルニチンによって肝臓が元気になることで、成長ホルモンの働きがスムーズに行われるようになるのです。

オルニチンの成長ホルモン分泌量を調べた研究結果

オルニチンの摂取によってどれだけ成長ホルモンの分泌量が増えるのかを調べるため、オルニチン研究会が実験を行いました。25~40歳までの健康で睡眠習慣が安定している方に、オルニチンを3日間服用してもらいました。その結果、就寝中の成長ホルモンの分泌量が増えることが明らかになっています。

オルニチンで成長ホルモンを効率よく分泌させましょう

成長ホルモンの分泌量は、21歳からの10年間で約14%が減少し、60歳になると50%まで低下するとされています。また、オルニチンの合成量も、年齢とともに減少してしまいます。

元気で健康な身体を保つには、成長ホルモンを安定して分泌させることが大切です。オルニチンを継続的に取り入れ、いつまでも若々しい身体を維持していきましょう。