オルニチンはストレス軽減にも効果的

皆さんはストレスをうまく解消できているでしょうか?ストレスはないと感じていても、疲労が残っていると、ストレスは蓄積されたままの可能性があります。ストレスは外側へ発散するだけではなく、身体の内側から軽減させることも重要です。

オルニチンは疲労回復効果で知られていますが、疲労とストレスは密接に関わっているため、ストレスの軽減にも効果を発揮してくれます。そこで今回は、オルニチンのストレス軽減効果についてご紹介していきます。

オルニチンとストレス軽減の関係とは

ストレスが多い状態が続くと、身体のだるさや疲労感を感じる方は少なくないでしょう。この原因として大きく影響しているのが、疲労物質の蓄積です。疲労物質というと、仕事や運動など、肉体的疲労を感じた時に蓄積されるものがよく知られていますが、同じように精神的疲労、つまりストレスを感じた時にも蓄積してしまいます。

ストレスに対抗するには、脳に栄養素が充分に行き届いていなければいけません。ところが、体内に疲労物質が蓄積すると、肝臓から脳への栄養供給が滞ってしまいます。その結果、ストレスをうまくやり過ごすことができなくなってしまうのです。

オルニチンは、肝臓から脳への影響供給をスムーズにすることで、ストレス軽減に働きかける効果が期待されています。

ストレスが増えるとアンモニアが増加

私達は尿と同時に、体内からアンモニアを排出しています。実はこのアンモニアが、ストレスと同時に肝臓で増加し、肝機能を衰えさせているのです。

肝機能が低下すると、疲労臭やストレス臭の原因になる他、イライラなどの精神的症状、シワやシミなどの肌トラブルも引き起こしてしまいます。これらの原因となるストレスを軽減させるには、アンモニアを取り除き、肝機能を高める必要があります。

オルニチンのストレス軽減効果

肝臓には元々、尿素回路と呼ばれるアンモニアを分解する機能が備わっています。ところが、オルニチンが不足すると尿素回路はうまく機能できなくなり、肝機能の低下からストレスが蓄積されてしまうのです。

オルニチンは尿素回路に取り込まれると、アンモニアと結びつき、無害な尿素へと変換する重要な役割があります。つまり、オルニチンが尿素回路で中心的な成分として働き、ストレス軽減に必要な肝機能向上を支えているのです。

また、肝臓にはエネルギーを生成する働きがあります。アンモニアにはこの肝臓の働きを阻害してしまう働きがあるのですが、オルニチンがアンモニアを分解、無害化することで、エネルギーの生成効率を高めてくれます。この働きによって、脳への栄養供給がスムーズに行われることで、ストレス軽減効果を生み出してくれるのです。

ストレスホルモンの量を減少させる

ストレスが多いか少ないかは、自分では判断できない場合があります。臨床試験では、客観的にストレス量をはかる場合、ストレスを感じると分泌されるホルモン、コルチゾールの量を測定して行います。

そこで、成人男女38人を対象に、オルニチンのストレス軽減効果を調べる実験が行われました。オルニチンを服用したグループと服用していないグループに分け、初対面の面接官に対してスピーチを行うなどのストレステストを受けてもらいました。するとオルニチンを服用したグループは、テストから1分後、10分後、30分後に特に大きくコルチゾールの量が減少することが明らかになっています。

この結果から、オルニチンにはストレスを軽減する効果があり、事前に摂取しておくことで効果が高められると考えられます。

オルニチンで効率よくストレスを軽減するには

自分では気にしないような些細なストレスでも、溜め込むと疲労の原因になってしまいます。オルニチンはストレスの軽減を促進させてくれますが、過剰なストレス状態が続くと不足してしまいます。また、年齢とともに不足してしまうため、普段から積極的に摂取していきたい成分です。

身体に疲労を感じたら、精神的にも疲労が蓄積している可能性があります。オルニチンを継続して取り入れ、ストレスを上手に取り除いていきましょう。