しじみ&オルニチン情報室

オルニチンは即効性があるのか

美容に健康にと、幅広い効き目を発揮するオルニチンですが、即効性はあるのでしょうか。
結論からいうと、オルニチンは摂ってすぐ効き目があるという性質のものではなく、継続することで効果を発揮するものです。
オルニチンの効き目が出る仕組みについて、解説していきましょう。

どうして継続が必要なの?

オルニチンを摂取すれば、オルニチンサイクルに使用できるオルニチン量が増加し、肝臓の働きを正常に保つことができます。肝臓は疲労や飲酒、ストレスなどの要因の影響を受けて機能が低下しやすい器官です。オルニチンを摂ることでそういったリスクを防ぐことが可能なのです。

オルニチンの効果を引き出すにはなぜ継続することが必要なのでしょうか。それには、オルニチンの身体に対する作用の仕方が関係しています。
オルニチンの主要な働きの一つに、オルニチンサイクルを活性化させ肝臓の働きを高めるというものがあります。
オルニチンサイクルとは肝臓の働きの一つで、体内で発生したアンモニアを分解し、無毒な尿素に変える役割を持つ代謝経路です。
アンモニアは疲労物質であり、蓄積させてしまうと疲労を引き起こすだけでなく、エネルギーの産生を担うTCAサイクルを妨げ、疲労から回復しにくくしてしまいます。ですから、オルニチンサイクルの働きを正常に保つことが大切になってきます。

どのくらい続ければいいの?

それではオルニチンの効果を出すにはどの程度の期間続ければよいのでしょうか。
オルニチンは薬の成分とは異なり、もともと身体の中にある成分を補うことで働きを高めているという性質のものです。そのため、効果を引き出すには毎日続けていく必要があります。
効き目が出るまでの期間には個人差があるため、まずは一ヶ月継続してみましょう。効果が出てきたらそれで終わりにはせず、その状態を維持するために三ヶ月、半年、一年……と摂取を続けてください。
効果を発揮するためには摂取量も重要です。生活習慣や体重、用途によっても異なりますが一日あたり400~1000mgを目安にしましょう。ダイエット目的で摂取する場合はさらに多量のオルニチンを摂る必要がありますが、一日に10gのオルニチンを摂取して胃腸の不調が出たケースがありますので摂り過ぎには注意してください。

まとめ

オルニチンは即効性を期待できる性質のものではなく、継続して摂取することで効果の出るものです。それは、オルニチンの主要な働きであるオルニチンサイクルの活性化や成長ホルモンの分泌量アップは体内のオルニチン量を高めた状態を維持することで健康効果を引き出すからです。
オルニチンの効き目が出るまでには個人差がありますが、効果が出た後も摂取を続けることが大切です。目安量を守り、続けていきましょう。

(参考URL)
https://www.grandparentsmagazine.net/ranking.html
https://haruhi.stamplly.jp/use.html
http://www.shuckersoffellspoint.com/choice.html